ポイントについてはこちら 通常注文はこちらから 選べる定期購入はこちらから
※「ポイント数」はお届け先電話番号に付与されます。

 

日田天領水とは

『天領日田』は日本三大美林のひとつ、日田杉の山に四方を囲まれた町には水郷らしく幾筋もの清流が注ぎ込み、中心には清らかで豊かな水をたたえ、堂々と流れる三隈川をかかえる自然豊かな地でもあります。その自然にいだかれ、硬い岩盤に静かに守られていた深い地中から、日田天領水はうまれました。天然の活性水素と、自然のミネラルが含まれている弱アルカリ性の自然の恵みそのものといえる天然水です。

この日田天領水の井戸は、もともとうなぎの養殖用に掘られたものです。九州大学大学院白畑實隆教授に天領水を分析していただいたところ、天然水の中には含まれていないと考えられていた活性水素を多量に含んだ世界的にも珍しい水だという事がわかったのです。

水(H2O※)は本来、無味無臭です。地表に降った雨はいろんな地質層や岩石層にしみこんでいきます。そのあいだに様々なミネラル成分を溶かし込んでいき、水の味となっていくのです。また、水には硬度があり含まれているミネラルによって軟水、硬水とわけられます。日田天領水は日本人の好みにあう軟水で、弱アルカリ性。

そのまま飲むだけでなく、コーヒー、紅茶、もちろん料理に使っていただいてもその美味しさは実感されると思います。日田天領水は徹底した水質検査のもと、天然のままお届けしています。飲んでまろやか、大変美味しいのです。


なじみの深い「天然活性水素水」や「天領水」だけではなく「天然還元水」「NRW(natural reduce water)」、また単に「活性水素水」「還元水」など商品名以外の形でもいろいろな名称で呼ばれることが多いミネラルウォーターです。

これは宣伝や広告以外でもテレビや雑誌、学会、論文などに取り上げられることが多いため、商品名以外の名称で呼ばれることがどうしても多くなるためです。


日田天領水の原水はもともとうなぎ等の淡水魚を養殖する目的で汲み上げられていた深井戸水です。うなぎの成育が良いだけではなく、特に殺菌処理等を行わなくても飲用水として適していることが公的検査機関での水質試験でわかってからは、飲用水としても多くの人々に利用されてきました。この利用者の多くが実感した食経験がこの深井戸水を後に行われていく研究対象とし、そして「日田天領水」という名称のミネラルウォーターとして商品化するきっかけとなりました。
※商品「日田天領水」は殺菌処理を行っております。


この深井戸水の利用者の多くが実感した食経験が当時の日田淡水魚センターに多く寄せられました。しかしその理由は水質試験や一般的な成分分析では説明できませんでした。しかしこの水の良さは口コミで広がり、日田淡水魚センターにうなぎの注文ではなく水を送ってほしいという問い合わせが遠方からも来るようになってきました。

視点を変えてみると見えてくる可能性
九州大学大学院白畑實隆教授は利用者の多くが実感した食経験、同様の食経験が多く寄せられているドイツのノルデナウ水やメキシコトラコテ水との近似性、過酸化水素やスーパーオキシドラジカルなどいわゆる活性酸素種とこの深井戸水との反応性という視点からこの深井戸水に一つの可能性を指し示しました。これをきっかけにこの深井戸水は天然活性水素水とも呼ばれるようになり、愛飲者は口コミで増えていきました。

この水を必要としている人へお届けしたい
多くの人からの要望と九州大学大学院白畑實隆教授が指し示した一つの可能性からこの深井戸水をもっと多くの人に知っていただきお飲みいただくことができないかという思いが次第に強くなっていきました。
多くの人に知っていただきお飲みいただきたいという思いを叶えるためには解決しなければならないいくつもの問題点がありました。しかし多くの方々の協力を得てそれらを一つずつ克服していきました。
そして1999年20Lバックインボックスタイプでの製品化に成功し同時に株式会社日田天領水が誕生しました。


それは実感できる「不思議」と期待が持てる「可能性」 そして科学的な検証から生じた新たなる「不思議」です。この「不思議」と「可能性」の連鎖が愛飲者の輪を今も広げています。
火砕流による堆積や河川による侵食拡大の作用などによる複雑な地形、そして特徴的な地質が日田天領水に地の恵を吹き込みます。

採水地・工場
日田天領水の原水井戸(深井戸)は四方を耶馬日田英彦山国定公園「三隅川」に囲まれた中州のほぼ中央にあります。



日田天領水の特徴を育む、地形・地質

●岩盤
日田天領水の原水井戸がある日田市中ノ島町は花崗岩類と変成岩類で特徴づけられる「領家帯」と呼ばれる地域に属します。

●構造線
日田天領水の原水井戸がある日田市中ノ島はほぼ松山から伊万里へ走る構造線(大規模な断層または断層群)上に位置しています。

参考: 大分県の自然と風土(大分県庁ホームページ)


ページトップへ